フィンペシアなら費用を抑えたAGA治療が可能

効果とコスパで人気のフィナステリド製剤「フィンペシア」

プロペシアの特許が2019年まで残っているのにフィンペシアが買える。
これは、プロペシア以外のジェネリック医薬品を活用したAGA治療が可能だという事の裏付けでも有ります。

本来ならば、有効成分フィナステリドを配合し抜け毛を抑える内服薬として製造・販売されているものは、特許の関係でプロペシアだけになっているハズです。

なのに、フィンペシアを始めとするプロペシアジェネリックが数種類販売されているのは、インドの特許事情が関係しているのです。

インドだから製造できたプロペシアジェネリック

フィンペシアを製造しているシプラ社があるインドでは、2005年に特許制度が改正されるまで新薬の特許保護が認められていませんでした。

その為、新薬は独占販売する事ができず、個々の医薬品を複数の製薬メーカーで競い合うのがインドでは普通の事だったです。

欧米諸国で特許が認められていても、インド自体が「インド国内では薬の特許は関係ない」という考えのもと、新薬を元に続々とジェネリックが作られていたのです。

また、インド国民の多くが低所得者層になり、医療保険加入者が国民全体の25%程度と少ない現状。
そうした国民の実情を考慮した政府が医薬品の上限価格を設定している為、低価格の薬が多く存在するのです。

主なプロペシアジェネリックの中で最も低コスト

では、「インド製のフィンペシアと一般的なジェネリックの違いは?」と尋ねられると、それは、インド以外の他国での特許が切れているかどうかという事だけで、医薬品自体に大きな違いは有りません。

  • 新薬を元にして作られている
  • 新薬よりも安価に購入出来る
  • 薬の銘柄が異なる
  • 同一の有効成分を含んでいる
  • 同等の効果が得られる

尚、プロペシアやフィンペシアを始め、主なフィナステリド製剤の種類と価格は以下の通りです。

医薬品名価格内容量単価製薬メーカー
プロペシア(アメリカ版)5,399円28錠192円メルク
フィンペシア2,498円100錠25円シプラ
エフペシア2,598円100錠26円シプラ
フィナロ2,598円100錠26円インタス
フィナバルド1,641円30錠55円イースト・ウエスト

(オオサカ堂調べ)

価格を比較してみると、フィンペシアが最も低コストで購入する事が出来ます。
プロペシアと同じ効果があるなら、安いに越したことはありません。

フィンペシアはAGAに本当に効く?

インド製は、特許関係なく様々な薬が作られているという背景もあり、中には、粗悪なものや偽物が沢山あるのも事実です。
AGA治療は一過性のものではなく、継続して服用しなければ効果を実感できないため「安かろう悪かろう」では意味がありません。

こうした現状を理解した上でAGA治療にプロペシア以外の選択肢を求める場合、
決め手となるのは、「使用実績」です。
日本でどの位人気があり、どの位の期間売れているのか、実際に使用している人のAGA治療効果などで判断する他なりません。

結局は、同じ悩みや疑問を持つ利用者のクチコミが重要です。
その点、その他のプロペシアジェネリック(コピー製剤)と比較してもフィンペシアの話題性や人気等を判断材料とすると、自ずと利用に適しているかが判断できるのではないでしょうか。

プロペシアのおよそ10分の1で購入可能

ある程度の出費はハゲを改善する為にやむを得ないと思っていても、それが原因で、普段の生活が切り詰めるようになってしまったら元も子もありません。

新薬であるプロペシア1錠あたりの薬価は、安くても200円程度。
高ければ、300円前後する事もあります。
もちろん、保険適用外の自由診療なので100%自己負担です。

更に、皮膚科や美容外科などで販売されているものは、利益の上乗せを見込んでそれ以上の価格に設定されている場合もあるようです。

AGA治療は本人の満足度によって継続期間が左右されるもの。
いつまで続けるか、治療を行なっている本人にも先の事は判断出来ません。少なくても毎月1万円は、AGAの治療費として出費を覚悟しておくとして、それが、2年3年と続いていくのは大きな出費です。

その点、フィンペシアであれば、1錠あたり20円~30円前後なので大体10分の1程度の出費で済みます。

新薬には、長い年月と研究に膨大な費用がかかる為、薬価が高くなるのは仕方ないことかもしれません。しかし、一利用者にしてみると、毎月1万円の出費がかかるというのは、金銭的にも精神的にも大きな負担です。

最初だけ高いなら気になるほどの出費では無いかもしれませんが、同じ効果が期待でき、尚且つ安く購入できる薬が実在するなら、打算的に考えてプロペシアと同等の効果が期待できるフィンペシアを選びたくなるものです。

出費が少なければ試用感覚で継続できる

プロペシの有効成分フィナステリドには、5αリダクターゼが男性ホルモンを代謝して発生する抜け毛因子のDHT(ジヒドロテステステロン)の生産を抑えこむ働きがあります。

その効果は、医薬品として正式に特許を取得している背景もあり高いものです。

1年間~3年間という長い期間投与した臨床研究においては、現状維持と改善の割合が全体の98%に及ぶ程です。つまり、服用すれば、大抵の人に薄毛改善の恩恵が期待できるという事でもあります。
※フィナステリドは男性にのみ有効

尚、注意すべき点として、3年継続後は、一進一退を繰り返す場合が多いとの事なので、プロペシア(フィナステリド)の臨床研究の最長3年を一つの目安として捉えておくと良いでしょう。

もしも3年間、プロペシアとフィンペシアを一日1錠服用し続けた場合。

  • プロペシア:300円(1錠)×365(日)×3(年)=328,000円
  • フィンペシア:21円(1錠)×365(日)×3(年)=22,995円

およそ30万円もの費用の違いになります。
AGA治療に取り組む際、プロペシアだけでは不安で、その他にミノキシジル製剤を使用したりサプリメントを活用する事も考えるとすれば、その30万円は十分な余剰費用になります。

切り詰めてプロペシアを使用するのか。
それとも、フィンペシアをメインで活用しその他の育毛剤も併用するのか。

費用が抑えられれば、こうした選択の幅も広げられます。

薬の調査に抜かりの無い代行業者でリスク低減

フィンペシアを入手する方法について考えると、新薬でもないし、ジェネリックとも違う為、日本国内の膚科や美容外科では購入できません。

その為、輸入代行業者を利用する事になりますが、それでも、中には、偽物が含まれている可能性もゼロではありません。

偽物へのリスクを考慮するなら、定期的に成分(フィナステリド)配合量の調査を行なっている輸入代行業者を利用する事でリスクヘッジが出来ると思います。

>>専門機関で成分鑑定を行なっているフィンペシアはこちら