AGAを引き起こす5αrとDHTの関係

根本原因のDHTとそのきかっけとなる5αリダクターゼ

まず、AGAになると引き起こされるのは「毛周期の短縮」です。
本来、若いころは3年~5年だった毛周期が1年、半年以下とヘアサイクルが短縮化され次第に髪が細くなり、最終的には、生えなくなってしまう状態です。

つまり、毛周期を短くする原因が関係しているのですが、それが、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンです。このホルモンは、毛乳頭にあると思われるアンドロゲン受容体に結合し、そこで、脱毛タンパク質を生成します。

すると、毛髪は成長を止めて休止期に入り、抜けるのを待つ事になるのです。
こうして、AGAが進行していくのです。

では、DHTがどのように出来るのか?
それは、毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素の介入です。
5αリダクターゼには、皮脂腺に1型、そして、毛根に2型が存在します。

この内、毛根に存在する2型が男性ホルモン(テストステロン)と結合する事によってDHTを生成します。つまり、脱毛の原因、AGAの原因は、2型の5αリダクターゼによって出来たDHTが関与しているのです。

フィンペシアの有効成分フィナステリドでは、脱毛を抑制するには、DHTの生産を止める事で可能となる為、その方法として、5αリダクターゼの結合を阻害する事を可能としました。

5αリダクターゼが発生しても、フィナステリドが男性ホルモンより先回りして結合する事で、結果として、DHTの生産が抑えられるようになります。

5αリダクターゼが男性ホルモンに結合するのを防ぐ為にも、血中に一定濃度のフィナステリドを確保しておかなくてはなりません。その為にも、毎日、時間を決めて服用を続ける必要があるのです。